妊娠発覚前のアレコレ、大丈夫かな…?

妊娠発覚前のアレコレ、大丈夫かな…?

妊娠発覚前に飲酒しちゃってた!大丈夫かな…?

妊娠発覚前の飲酒

 

妊娠すると気を付けなければならないことが多々あります。
しかし、「妊娠に気がつかずに飲酒してしまった」ということで不安に思うこともあると思います。

 

 

妊娠中の飲酒は流産や、死産を招いたり、不育症や、胎児性アルコール症候群など、胎児に大きな影響を与えることになります。
こんな話を聞くと、妊娠発覚前の飲酒で胎児に異変がないか心配になってしまいますよね。
ですが、妊娠超初期の飲酒は胎児への影響は少ないとされています。
なぜならば妊娠超初期は胎盤がまだできていないため、血液を通じて胎児に影響を与えていないからです。

 

 

それでも安心はできないので、心配なことをお医者さんに相談しておくといいでしょう。

 

 

もちろん、妊娠がわかったらすぐに飲酒はやめましょう。
妊娠超初期だから絶対に大丈夫ということではありません。

 

 

とくに妊活中であれば、もしかしたら妊娠している可能性もあるので、飲酒を控えておくのが安心です。
大事な赤ちゃんのためにもアルコールには注意したいですね。


妊娠発覚前にタバコ吸ってた!大丈夫かな…?

妊娠発覚前のタバコ

タバコが赤ちゃんには良くないということは、すでに多くの方知っていることと思います。
だけど、妊娠発覚前だったらどうでしょうか?

 

 

基本的には大きな影響はないと考えてよいと思います。
妊娠に気づいてすぐやめたのであれば、問題はないと思われます。

 

 

もちろんタバコを長期的に吸い続けていくことは、絶対によくないことです。タバコに含まれているニコチンは血管を収縮させてしまいます。
その結果赤ちゃんに必要な栄養や酸素が充分供給されなくなってしまい、低酸素状態になってしまいます。
それは赤ちゃんの正常な発達を妨げることになってしまいます。

 

 

また、自分で吸ったときの主流煙より、周囲の人が吸ったときにでる副流煙のほうが、有害物質は多く含まれています。
そのため、自分が禁煙を始めるのはもちろんのこと、旦那さんにも是非禁煙を勧めてみましょう。

 

 

 

妊娠をきっかけに夫婦ふたりで禁煙するのが一番いいんですよね。
子供が産まれてからも、受動喫煙は大きな害になってしまうからです。
吸殻を赤ちゃんが口に入れたりすると、胃洗浄が必要になって大変な騒ぎになってしまいます。

 

旦那さんが禁煙に消極的な場合は、吸ってもいい場所を決めるなど、どのあたりまで妥協できるか話し合っておいてください。


妊娠発覚前に薬飲んでた!大丈夫かな…?

妊娠発覚前の薬

妊娠するまで常時飲んでいた薬や、風邪と勘違いして風邪薬を飲んでしまった妊婦さんはたくさんいると思います。
妊娠発覚が比較的に早かった場合、薬による影響はほとんどないようです。

 

 

ですが、産婦人科へ行ったときには必ず聞かれますので、どの薬を飲んだかわかるようにメモをしたり、お薬手帳を持参しておきましょう。
今後飲んでもいいものやダメなものを教えてくれます。

 

 

ぜひ、薬は何を飲んでたか調べてください。
そうすることで自分も安心できますよね。


 

 

あと、熱が上がって具合が悪いので解熱剤をもらおうと思っても、基本的には38度を越えないとお薬は出してもらえません。
それ以下の場合は、首を冷やしたりおでこに冷えピタを貼ったりして、自分で対処するしかないようです。

 

 

あまり体を冷やしすぎてしまうのもよくないのですが、頭を冷やすことで気持ち的にスッキリすることが多いので、実際の体温が下がっていなくてもやってみる価値はあると思います。
ぜひ試してみてください。

妊娠発覚前にレントゲン受けてた!大丈夫かな…?

妊娠発覚前のレントゲン

 

妊娠がわかる前にレントゲンを受けていると、不安になってしまいますよね。
人間ドッグや歯科でのレントゲンなどで受けたレントゲンを
「やらなければ良かった」
と後悔してしまうのも、妊娠した人にはよくあることだったりします。

 

 

では、妊娠が発覚したのは、いつ頃のことでしょうか?
生理がこないなと思ってから妊娠がわかったのであれば、妊娠5週目〜12週目ですよね。

 

 

この時期は、妊娠初期と言って、赤ちゃんの体を形成する大切な時期です。
例えば、この時期にレントゲンを受けたとしましょう。
この時期に、100ミリシーベルトの放射線を超えると危険であるとされています。
また、妊娠16週目〜27週目の妊娠中期では120シーベルトを超えないようにしなければなりません。

 

 

では、レントゲン検査はどのくらいの放射線量なのでしょうか。
例えば、歯の検査では、放射線量は、0.0008mGyです。
mGyとは、胎児の放射線による影響を計る数値で、吸収線量と言われています。
また、腹部撮影で、1〜3mGy
胸部撮影では0.01mGy以下です。

 

 

病院のレントゲンは、胎児に危険な放射線量よりはるかに少ない量です。
ですから、一般的に病院で、検査を受けるレントゲンから胎児に影響が出るほど放射線を受けることはありません。
もし心配なら、受診している産婦人科医にお聞きください。心配ごともなくなり、落ち着くと思いますよ。